転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

企業の採用担当者が見たいのは、応募者の着飾った姿や取り繕った姿ではありません。

転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

面接では自分を出すこと

企業の採用担当者が見たいのは、応募者の着飾った姿や取り繕った姿ではありません。本当の姿を見たいと考えています。本当の姿が見えないと、どんな働き方をしてくれるか、他の社員ときちんと付き合えるかが見えません。しかし、採用担当者の多くは、本音が見えない応募者に出会うことが多いと言います。質問に対して詰まらずに答えるし、答える内容も悪くない、それなのに本音で話している感じもしないと言う人が多いです。そう言う人は、最終面接までは残りますが、採用されることはほとんどありません。面接では自分を出すと言うことを心がけましょう。

自分と言うものを分かってもらうには、可能な限り具体的な内容にして話すことです。たとえば、書類作りが得意ならば、書類作りが得意ですと言うだけでは伝わりません。どう言う工夫をして書類を作ってきたかなど、具体的なエピソードを話すようにしましょう。具体的に話すことで、採用担当者は応募者がどう働いてきたかが想像しやすくなります。そして、このエピソードは流暢に語らなくてもいいです。多少たどたどしくても問題ありません。むしろ、その方が伝わりやすいです。とは言え、わざとたどたどしく語ってはいけません。

Copyright (C)2017転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと.All rights reserved.