転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

転職面接の時間は、自分のことを十分分かってもらうほどたっぷりあるわけではありません。

転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

転職面接の時間は短いから

転職面接の時間は、自分のことを十分分かってもらうほどたっぷりあるわけではありません。短いところなら、30分にも満たないこともあります。この短い時間では、ちょっとしたしぐさや態度が致命傷になると言うことを頭に入れておきましょう。良く面接は自信を持って臨むのが基本とされています。しかし、自信を持ちすぎて失敗した人も少なくありません。謙虚な姿勢も持っていないと、採用担当者に傲慢な人と見られるでしょう。とは言え、自信がなさすぎるのも問題です。自信がないと顔はうつむきがちになります。

また、目が泳いでしまうこともあるでしょう。集中力がない、きちんと話しを聞いていないと言う印象を与えることになります。そんな人間を採用したいと言う企業はないでしょう。さらに、オーバーリアクションにならないように気をつけなければいけません。直立不動よりは身振り手振りを交えて話した方が自然です。しかし、オーバーな身振り手振りは、子供っぽい人と言う風にとらえられます。また、採用担当者の話しにあまりにも大きくうなずくのもNGです。わざとらしいと思われるでしょう。軽い人と言う印象を与えることにもなるので、リアクションのバランスに注意することです。

Copyright (C)2017転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと.All rights reserved.