転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

転職希望者が頭に入れておかなければいけないことは、面接会場以外でも緊張感を持って行動すると言うことです。

転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

面接について深く理解しよう

転職希望者が頭に入れておかなければいけないことは、面接会場以外でも緊張感を持って行動すると言うことです。受付の人との接し方、控え室での立ち振る舞いなど、全てにおいてチェックされていると肝に銘じておきましょう。面接が終わってから、採用担当者が受付の人に応募者のことを聞くこともあります。受付の人に悪い印象を与えていれば、当然選考に大きく響いてくるでしょう。控え室ではイスに座って静かに待機する、受付の人にも採用担当者と同じように接すると言うことを心がけなくてはいけません。

とは言え、緊張し過ぎてもいけません。ある程度リラックスして、本来の自分の姿を出すことも重要になってきます。しかし、リラックスし過ぎると、採用担当者に失礼な態度や言葉遣いをしてしまう恐れがあります。緊張とリラックスのバランスには気をつけなければいけません。また、これまでの仕事に自信を持っている人は、その自信が傲慢な態度になってしまうことがあるので注意しましょう。もちろん、これまでの自分の仕事に自信を持つことは大切なことです。しかし、面接を受けるときは謙虚さも忘れてはいけません。自信と謙虚さのバランスも適切にする必要があります。

Copyright (C)2017転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと.All rights reserved.