転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

転職面接では、今までどう言う仕事をしてきたのかを必ず聞かれます。

転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと

転職面接では勘違いしないように

転職面接では、今までどう言う仕事をしてきたのかを必ず聞かれます。その際、職歴を一から全て語ろうとする応募者がいますが、それはNGです。職務経歴書に書いた内容をただ繰り返すだけでは、面接の意味が全くありません。当然ながら、採用担当者は既にある程度職務経歴書に目を通しています。細かい内容は後で確認してくれるので、職歴は概要を述べるにとどめることです。応募企業のニーズにマッチする部分を中心に語るようにしましょう。また、資格を取ったからと言って、採用される確率が高くなるとは限りません。

資格を取ればバリバリ仕事ができるわけではないからです。経験に勝るものはありません。しかし、難しい資格を取った人の多くが、資格を取ったからこの分野の仕事ができると考えます。現実はそれほど甘くありません。とくに、中途採用の場合は資格を持っていることよりも、実務経験が重視されます。もちろん、資格を取ったことが全くアピールにならないわけではありません。きちんと資格欄には取った資格のこと書くことです。しかし、メインのアピールにはならないと考えておきましょう。実務経験を、採用担当者に分かりやすく伝えるための努力をしましょう。

Copyright (C)2017転職活動を行う上で面接は避けることができない道のこと.All rights reserved.